忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

アニメグッズ最大手・アニメイトが全国出店達成、強さの秘密とは

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アニメグッズ最大手・アニメイトが全国出店達成、強さの秘密とは

アニメグッズ最大手・アニメイトが全国出店達成、強さの秘密とは

 

全国各地、アニメ好きや腐女子が集う店として揺るぎない地位を確立したアニメイト。

なぜここまで展開できたのか? その強みは? アニメライターの小林治氏に分析してもらった。

***
アニメイトができる前から、いくつかアニメグッズ専門店がありました。有名なのは、新宿に本店があった「アニメック」や東映動画(現:東映アニメーション)が経営していた「アニメポリス・ペロ」。地方都市にも独自の専門店が存在し、90年代前半まではアニメイトより有名なお店もありました。

アニメグッズ専門店には、マンガの原稿用紙やアニメ作りに使うセルやタップなど普通の文房具屋には置いていないものが売られていました。実際にアニメの制作現場で使われていた設定画などファンにとっての“憧れの逸品”まで扱っていたのもこうしたお店の魅力でした。

そんな中、アニメイトはいち早くオリジナルグッズを数多く作った企業だったと思います。ポスターやシールの他に「カセット文庫」と呼ばれるオーディオドラマもたくさん企画・販売していました。

さらに、アニメ情報やグッズ販売スケジュールが載った無料冊子を配っていました。私は89年から『OUT』という雑誌の編集に携わるようになりましたが、当時すでに新作アニメのアフレコ現場にアニメイトのライターが来ていました。ネットのなかった時代、声優のインタビュー記事やグッズ情報が載った無料冊子は多くのファンがありがたがっていましたね。

こうした文字情報や低単価のグッズは、特に女性客に喜ばれます。意外かもしれませんが、『ヤマト』の頃から女性ファンは多かったんです。考えてみればヤマトは、女性キャラは森雪しかいないのに対してイケメンの男性キャラはたくさん出てきますよね(笑)。僕の感覚では、80年代からアニメ系の専門店の客の少なくとも4割は女性でした。

でも、高額のVHSやLDといったパッケージ(映像商品)を買うのは男性が多い。特に95年の『エヴァ』以降、業界はパッケージ販売が主軸になったので、女性ファンの存在感はより薄く見えたかもしれません。

しかし、HDDレコーダーが普及するようになると、パッケージの売り上げが落ち込みます。そんな中、低単価のグッズや声優関連商品で女性客の心をつかんだアニメイトは確固たる地位を築きました。

現在、アニメイトの客層の多くは女性です。グッズを作る技術力も格段に上がり、細かい細工のラバーストラップや特殊なキラキラコーティングが施されたポスターが売られています。

今後もアニメグッズは女性客に買い支えられつつ、作品の内容に準じた商品が増えるでしょう。例えば、『進撃の巨人』の兵団章――つければ兵士になった気になれるようなグッズですね。

●発売中の『週刊プレイボーイ』19・20合併号では「アニメイト社長・坂下實氏が全国出店までの32年を語り尽くす!」超レアな独占インタビューを掲載!

(取材・文/西中賢治)

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R