忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

「黒塗りメイク」が海外で問題視される理由とは 無自覚差別の裏側を米メディア分析

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「黒塗りメイク」が海外で問題視される理由とは 無自覚差別の裏側を米メディア分析

 「黒塗りメイク」が海外で問題視される理由とは 無自覚差別の裏側を米メディア分析

 

  先日、ミスユニバースの日本代表に、日本人の母親とアフリカ系アメリカ人を父親にもつ宮本エリアナさんが選ばれたことに、賛否両論の反応が示されたことに海外メディアが注目した。日本人の気質について分析しているが、そこに示されたものは、意識的にしろ無意識的にしろ、人種差別に無関心・無頓着な態度を示す日本社会であった。だが、変化も見られつつある、との声も上がっている。

 

 ◆人種の多様性に対する配慮の欠如
 
  ワシントン・ポスト紙の記事の出だしは「世界のほとんどの国の基準からすれば、宮本エリアナさんは完全に日本人だ」というものだ。宮本さんは、日本生まれの日本育ち、日本語も完璧に解し、書道の達人でもある。

 

  しかし、日本人の反応はそういったものばかりではなかった。「日本代表にハーフを選んでいいのか」「顔がどう見ても外人」「日本人じゃない」等々の声。

 

  こういった反応は、日本人に多様性に対する受容性がなく均質的な社会へのプライドがあるからで、そのことが日本のエンターテインメント界で「黒塗りメイク(blackface)」が問題なく受け入れられていることにつながっているのでは、と指摘しているのが、アフリカ系アメリカ人系の週刊紙アフロアメリカン・ニューズペーパーズだ。今年の2月にも、フジテレビの音楽番組「Music Fair」でももいろクローバーZとラッツ&スターが「黒塗りメイク」で共演した画像が公開された。

 

  「黒塗りメイク」の何が問題かと言えば、19世紀のアメリカで白人が顔を真っ黒に塗って黒人に扮し、黒人を揶揄した芝居を行う「ミンストレル・ショー」と呼ばれるものが行われていたからだ。以後、欧米では「黒塗りメイク」といえば、黒人をバカにした行為を意味する。

 

  この「黒塗りメイク」に反対して、日本在住のアフリカ系アメリカ人のベイ・マクニール氏が署名活動を起こし、番組で「黒塗りメイク」が放送されることはなかった。署名活動サイトChange.orgでマクニール氏は、意図的ではなくてもバカにされたくはないし、無知で同じ誤ちを繰り返すことで日本が恥をかくのを見たくない、と述べている。

 

 ◆人種の多様性に対する教育がカギ
 
  一方で、日本人による無関心・無頓着による人種差別やその増長を鋭く分析し、批判しているのが米ニュースサイトVoxの記事だ。

 

  同記事によれば、日本の人種差別問題の1つが、ヘイト・スピーチの野放しだ。日本は、ヘイト・スピーチを規制する法律がない数少ない民主主義国家であり、2005年の国連のリポートでは日本の人種差別が「深刻」となっていることを指摘する。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R