忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

テリー伊藤対談「山本太郎」(4)今後はどう戦っていくの?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

テリー伊藤対談「山本太郎」(4)今後はどう戦っていくの?

 テリー伊藤対談「山本太郎」(4)今後はどう戦っていくの?

 

 テリー 合わないところはどこですか。

 山本 合わないというよりも、方向性が若干違うのかなと思うところは「二大政党制に近い形にしていく」という点ですかね。要は今、自民党が圧倒的に強い中、バラバラと野党がいると。だから野党が一丸となれば与党を負かせるというような政治体制にするべきだ、というのが小沢さんの考え方。

 テリー そういう考えがある中で、山本さんは今後どのように戦っていくの?

 山本 僕もすでに、既存の政党が政治に関心を持って投票に行っている人たちの一票を奪い合う、ということには希望を見いだしてないんです。だって投票率は約50%ですから、あとの半分の人たちは選挙に行ってないんですよ。

 テリー 国民の総意、とは言えないような投票率が続いているのが現実だよね。

 山本 じゃあどうするかといえば「投票に行かない人たちにどう伝えるか」について考えるほうが、世の中を変える可能性は膨らむと思うんです。だから、僕はそっちの人のことをもっと考えたいと思っています。

 テリー そりゃそうだ。

 山本 今、国内に貧困と言われる人が6~7人に1人いる。アベノミクスで金持ちになった人って、誰の話ですか、ということだと思うんです。この状況は自分たちの行動で変える道を作れるんだということを、ひとりひとりが意識していかないと、税金を取られるだけ取られて、受けられるサービスは極端に減っていくという。

 テリー そういう意味では、小沢さんが民主党を離れたのは消費税に反対したからだし、筋は通ってるよね。

 山本 今、自民党の中高年の政治家たちが、若い人たちの未来を切り売りするような政策決定を国会で続けているということに、若い世代にもっと怒ってもらわないとダメなんですよね。そう考えて、小沢さんを街頭に連れていこうと思ってるんです。

 テリー 今、話題になっていますね。今度から定期的に街に出て、会見をやるんですか?

 山本 そうですね、街頭記者会見みたいな形で。質問するのは記者の方だけじゃなく、道行くサラリーマン、主婦、学生、いろんな方々に。素朴な疑問でも、ネガティブな質問でも、何でも投げてほしいんです。その場でいろんな意見を深めたり、政治との距離を縮めないと、政治に対して興味なんか持てないですからね。小沢さん、見た目はああいった人相ですけども、話してみると、とっても頭が柔らかい(笑)。

 テリー 今後は、どんなことに力を入れていきますか?

 山本 世の中に自分は必要とされているんだという思いを、それぞれの人が持てるような社会にしたいんですね。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R