忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

大学辞めて入社したら100万円! 自称「ブラック企業社長」の言い分とは?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

大学辞めて入社したら100万円! 自称「ブラック企業社長」の言い分とは?

 大学辞めて入社したら100万円! 自称「ブラック企業社長」の言い分とは?

 大学辞めて入社したら100万円! 自称「ブラック企業社長」の言い分とは?
 

 いま通っている大学を辞めて入社できたら、100万円がもらえる――。そんな奇妙な企画が2015年2月末にアップされ、ネット上で話題になった。

 

 この企画は、ウェブ制作会社のセブンコード社によるもの。本当にもらえるのかと同社の採用サイトを見に行くと、タイトルは「ブラック企業へようこそ」とある。いったいどういうことなのだろうか? 濱野秀昭社長に聞いてみた。

 

 ■なんと「7人」もエントリーが…

 
 

 「大学を辞める」というのは、学生にとっては大きな決断だ。しかし濱野氏は、この企画で「大学は糞」「現代社会の悪徳宗教だ」と言い切る。学んだことが役に立たないのに、「みんなが行くから安心」という理由で数百万の学費を取られるからだ。

 

 「だから大学辞めましょう。500万円と4年間で世界を旅して、思いっきり遊んだ方がはるかに成長できます」
 「世の専門学校とかで学ぶような現場のスキルを覚えて、お金をもらうどころか入社したら100万円ももらえちゃうなんて、我が社セブンコードは素敵な会社だと思います」

 

 大学中退を迫る企画に、ネット上では「極端だけど間違ってもいないかな~」「ほ、放送大学やめて行ってもいただけるのでしょうか?」と賛同する声もあれば、「大学なめんな」「大卒というカードに縛られる今の日本人に100万円は魅力無い気がした」と批判のコメントまで、数多くの意見があがっている。

 

 キャリコネニュースが濱野氏に現在の状況を聞くと、発表して3週間でなんと7人のエントリーが来ているという。「遊び半分」の人もいるが、中には「マジメに就職の選択肢として考えてくれている」という人の応募も来ているそうだ。

 

 こうした呼びかけをネットに打てば、批判が来ることは容易に想像ができるが、なぜこのような思い切った企画にしたのか?

 

 「社会人になってイヤでも気がつく事実を、セブンコードは『少し早く決断しませんか?』って提案しただけです。『とりあえず大学へ』と流れで自分の人生を決めるのではなく、自分で自分の生き方を決める、という自立をするべきだと思っています」

 

 ■見極めるのは「覚悟と能力」なのか

 

 とはいえ自社の採用サイトで「ブラック企業へようこそ」と名乗るのは、なんとも自虐的な感じだ。中身も「新卒の離職率80%」「退職者の本音」と、普通の会社なら隠したいようなことが赤裸々に綴ってある。

 

 新卒社員は、過去3年で12人採用したが、9人が辞めてしまった。しかし新たに内定を出した15年卒は、それまでよりも「とても優秀」だったとのことだ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R