忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

崖っぷち安倍晋三首相の切り札は「橋下徹と電撃合体」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

崖っぷち安倍晋三首相の切り札は「橋下徹と電撃合体」

 崖っぷち安倍晋三首相の切り札は「橋下徹と電撃合体」

 「ニッポンを取り戻す」ための妥協案に見せかけた、起死回生の(秘)仰天プラン。転んでタダで起き上る総理ではない!!
 
 
 黒い献金――またの名を”血税還流疑惑”が安倍内閣を直撃している。
 
 「2月23日、地元の栃木の木材加工会社から300万円にのぼる違法献金を受けていた事実が露見し、西川公也農水相が辞任。これを皮切りに、その4日後には望月義夫環境相と上川陽子法相にも、同様の違法献金疑惑が報じられています。永田町の誰もに、第一次安倍内閣時の”閣僚辞任ドミノからの政権放り投げ”の二の舞か、との思いが脳裏をよぎったはずです」(全国紙政治部デスク)
 
 
 国から補助金を受ける企業は、その決定から1年間は政治活動への寄付を禁ず――”血税還流”禁止という、この当然の規定が政治資金規正法にあるが、全然守られていないのか。望月氏、上川氏とも「法に抵触しない」と強弁し、今のところ、ギリギリで踏みとどまっている。しかし、
 
 「続いて、下村博文文科相に”黒い疑惑”が飛び出しました」
 
 とは、全国紙社会部記者。
 
 
 後援会”博友会”の不透明な金の疑惑に加え、〈山口組弘道会の資金源だった風俗業者と昵懇の間柄で(中略)風俗業者に6億円を融資して〉いた男から献金を受けていたと『週刊文春』(2月26日発売号)が報じたのだ。
 
 「当初は献金の援受を全面否定した下村氏でしたが、一転して謝罪し、答弁を訂正。献金はすでに返金したと説明しています」(同記者)
 
 
 さらに、故中川昭一氏の”未亡人”中川郁子農水政務官には、妻子ある同僚議員との「路チュー不倫」も報じられ、満身創痍の安倍政権。
 
 加えて、総理本人への献金問題まで浮上する始末。
 
 「安倍首相が代表を務める自民党山口県第4選挙区支部が、”オリオンビール”など5社から、補助金交付決定後1年以内に、計220万円の献金を受領しています。首相は数々の大臣と同様、”知らなかった”を連発。逃げ切りに必死ですが、明白な世話料の授受と見えますね」(同)
 
 
 安倍内閣”総汚染”の現状である。一歩対応を誤れば、政権瓦解の危機。つい先日まで1強多弱を謳歌していた首相が、”哀れ、落ち目の三度笠”状態だという。
 
 「悲願の憲法改正も、連携を組む公明党が二の足を踏んでて、ニッチもサッチもいきません」(前出・デスク)
 
 
 まさに崖っぷち。しかし、静かに「死」を受け入れる御仁ではない。”起死回生の一手”として、橋下徹大阪市長(維新の党最高顧問)との電撃合体を計画。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R