忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

微小がん検出試薬を改良=スプレーすると蛍光―東大など

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

微小がん検出試薬を改良=スプレーすると蛍光―東大など

 微小がん検出試薬を改良=スプレーすると蛍光―東大など

 

  がん細胞にスプレーすると蛍光を発し、切除手術中に見逃しや取り残しを防ぐ試薬を改良したと、東京大の浦野泰照教授や米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らが22日までに英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

  浦野教授らは2011年に、がん細胞では特定のたんぱく質分解酵素が増えることを利用し、スプレーするとがん細胞だけ緑色の蛍光を発する試薬を開発した。しかし、うまく光らない場合もあり、今度は糖類が連なった糖鎖を分解する酵素「β―ガラクトシダーゼ」に反応する蛍光試薬を生み出した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R