忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

政府と沖縄で深まる亀裂、防衛相「夏にも本体工事」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

政府と沖縄で深まる亀裂、防衛相「夏にも本体工事」

 政府と沖縄で深まる亀裂、防衛相「夏にも本体工事」

 
  国と沖縄県の激しい対立が続く基地問題です。中谷防衛大臣は31日、新たに海底調査を6月までに終え、夏ごろには本体工事に乗り出す考えを示しました。翁長知事の作業停止指示を無効とされた沖縄県側では、次の対抗策を模索しています。
  翁長知事が出した作業の中止指示の効力を一時停止する、林農水大臣がこう決定を下してから一夜が明けました。辺野古周辺では、反対派と警官がもみ合うなど対立が激しさを増しています。31日の衝突で、抗議集会の参加者が公務執行妨害の容疑で逮捕されました。釈放を求める人たちが警察車両の前に立ちはだかり、現場は一時騒然となりました。
 
  海の上でも反対派と海上保安庁のにらみ合いが続きました。立入禁止区域に入ったとして、海保の船でえい航される船も。
 
  一方、政府側は・・・。
  「6月までにボーリング調査を終えて設計に反映して、可能であれば夏にも護岸工事を含む埋め立ての過程に着手したい」(中谷元防衛相)
 
  今、行っているボーリング調査は6月までに終え、その後、本体工事に移る考えを示しました。
 
  翁長氏は、次の一手をどう打つのでしょうか。今回の国の決定について、翁長氏周辺はこう語ります。
  「県の主張が受け入れられなかったのは想定内の出来事」(翁長知事周辺)
 
  長年、辺野古の埋め立て取り消しに取り組んできた新垣弁護士は、法廷闘争も視野に入れ対抗すべきと主張します。
  「沖縄防衛局の審査請求が適法なのか、司法の場で決着をつける」(新垣勉弁護士)
 
  「いろいろな選挙を通じて沖縄の民意が示されている。それをバックに、いろいろと国とも話させていただきたい」(沖縄県・翁長雄志知事)
 
  沖縄の人々は、翁長氏にどういった行動を期待するのでしょうか。
  「県民の目に見える形で努力してほしい」(沖縄県民)
  「翁長さんがやっていることを貫いてほしい」(沖縄県民)
 
  夏に埋め立て工事は行われるのでしょうか。十分な対話のないまま、政府と沖縄県の亀裂は深まるばかりです。(31日21:11)

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R