忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

<岩手県庁>電光広告塔停止へ PC老朽化、文字入力できず

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<岩手県庁>電光広告塔停止へ PC老朽化、文字入力できず

 <岩手県庁>電光広告塔停止へ PC老朽化、文字入力できず

 1988年から岩手県庁前に建つ電光式広告塔が20日、停止する。文字を入力していたパソコンが老朽化して新たに文字を入力できなくなったためだ。インターネットなど主流となる広告媒体は大きく変わり、広告塔の効果が低下していたことも背景にある。設置から27年でひっそりと役目を終える。【安藤いく子】
 
  広告塔は鉄骨造りで高さ13メートル。赤、緑、黄の文字を同時に最大12字並べられ、下から上に流せば最大36文字の掲示が可能。88年2月に日本宝くじ協会が贈呈し、設置費は3600万円だったという。選挙で「棄権せずに投票を!」と呼びかけてきたほか、岩手競馬開催や世界禁煙デー、生涯スポーツ推進月間などを広報してきた。
 
  県管財課によると、2008年ごろから入力しても文字が点灯しないなど故障が出始め、昨年8月にはパソコンが立ち上がらず、ついに文字の入力ができなくなった。改修には新たに作るのと同じくらいの多額の費用がかかり、現代の広告はネットなど他の媒体が主流になったため停止させることにした。現在掲示している「食育の日」は8月以前に入力しており、最後の広報となる。
 
  広告塔の耐用年数は約20年で、倒壊の危険性もあるため県は撤去する方針。同課の播摩建・設備担当課長は「設置当時は最新式だったが、時もたち広告媒体は変わった。費用面からも継続は非常に難しくやむを得ない」と少し残念そうだった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R