忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

<統一地方選>「原発政策、選択肢足りぬ」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<統一地方選>「原発政策、選択肢足りぬ」

 <統一地方選>「原発政策、選択肢足りぬ」

 争点はしっかり提示されたのか。有権者は納得のいく選択ができたのか。12日に投開票された統一地方選前半戦。政府が再稼働を目指す原発を抱えた北海道、福井、島根3道県知事選でその是非は明確な争点とはならず、投票を済ませても釈然としない有権者が目立った。一方、大阪都構想の是非を巡り、大阪市の有権者は大阪市議選、府議選で候補に賛否の1票を投じた。
 
  ◇北海道・福井・島根知事選
 
  北海道知事選では事実上の野党統一候補の新人、佐藤のりゆき氏(65)が「脱原発」を前面に出し、北海道電力泊原発(北海道泊村)の再稼働も容認しないと訴えた。一方、自民などの地方組織が推す現職の高橋はるみ氏(61)は「熟慮のうえ判断する」と明確な態度を示さなかった。
 
  北見市のアルバイト、鈴木邦子さん(70)は、「自分の孫の時代を考えると原発には反対だ」として佐藤氏に投票した。「高橋氏は明確な態度を示すと選挙に不利と考えたのかもしれない。(原発再稼働を)認めるつもりならはっきりと選挙戦で示すべきでは」と不満を表明した。
 
  帯広市の会社員、松原亜紀さん(37)も、「福島の事故の時は東京にいて放射性物質の影響を身近に感じた。原発再稼働は絶対反対」と言うが、「安定感がある」と現職を選んだ。
 
  福井、島根両県知事選は、原発を容認する現職と即時廃止を訴える共産新人の一騎打ちとなった。
 
  福井市の不動産賃貸業、南部尚文さん(47)は「主張が両極端すぎて、どちらに投票するか判断する余地がなく、選択肢はないに等しい。みな同じようにあきらめているのでは」と話した。
 
  松江市の会社社長、浅野優治さん(68)も「原発に反対で将来的に無くすべきだと思うが、反対を訴える共産新人に入れても死票になるし、主張も具体性に欠けていた。選択肢がなかった」と残念がった。共産新人を選んだ同市の無職、中島誠さん(72)も「原発に反対で投票したが、選択肢は十分ではない。自分の意見が共産党や候補と一致しているわけではないが、仕方なかった」と振り返った。【山田泰雄、村山豪、長宗拓弥】
 
  ◇「都構想」揺れる大阪
 
  大阪都構想が実現すれば解体・再編される大阪市。自分のまちのかたちや暮らしはどうあるべきか。市民はさまざまな思いを抱えつつ、地元の市議選と府議選の投票に臨んだ。
 
  同市大正区の会社員、辻野秀雄さん(47)は都構想に賛成で、市議選、府議選とも大阪維新の会の候補に1票を託した。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R