忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

<金澤翔子さん>「書道で元気を」国連でスピーチ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<金澤翔子さん>「書道で元気を」国連でスピーチ

 <金澤翔子さん>「書道で元気を」国連でスピーチ

 【ニューヨーク草野和彦】国連が定めた「世界ダウン症の日」を翌日に控えた20日、ダウン症の書家、金澤翔子さん(29)=東京都在住=が国連本部で開かれた記念会合で日本代表としてスピーチした。「(書道を通じて)みなさんに元気とハッピーと感動をあげたい」と語り、各国のダウン症患者や啓発に取り組む支援者らから拍手を浴びた。
 
  NHK大河ドラマ「平清盛」の題字などの力強い書体で知られ、司会者に「才能豊かで、とても有名な書家」と紹介された金澤さん。スピーチは、成長を見守ってくれた両親への感謝であふれていた。5歳の時、書家の母泰子さん(71)の指導で書道を始めた。10歳で挑んだ般若心経の写経は「何度も間違えて、何度も泣いた」。だが、「お母様が教えてくれたので、最後まで書くことができた。お父様もとてもほめてくれた」と振り返った。
 
  父は14歳の時に亡くなったが、今も「『お父様、うまく書けますように』と祈って書いている」という。また、家事もすべてこなせるようになった金澤さんは「30歳になったら1人暮らしをします」と「自立」を宣言。一方で、「1人暮らしになっても、一緒に書きましょうね」と会場でスピーチを聞いていた泰子さんに語りかけた。
 
  泰子さんは「翔子がダウン症で生まれてショックを受けたことを思い出し、よくここまできたなと思った」と感慨深げだった。
 
  金澤さんは21日から、ニューヨーク市内で個展を開催する。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R