忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

戦後の昭和日本を沸かせた話題作『少年ケニヤ』がeBookJapanで復活

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

戦後の昭和日本を沸かせた話題作『少年ケニヤ』がeBookJapanで復活

 戦後の昭和日本を沸かせた話題作『少年ケニヤ』がeBookJapanで復活

 イーブックイニシアティブジャパンは4月28日、同社の電子書店「eBookJapan」で『少年ケニヤ』の配信を開始した。
 
  「少年ケニヤ」は、第二次世界大戦中に、父と離れ離れになってしまった少年・ワタルがジャングルを冒険するという、絵物語作家の山川惣治さんによる少年向け作品。1951年10月~1955年10月に掛けて産業経済新聞(現:産経新聞)で連載され、「ケニヤ新聞」と呼ばれるほど爆発的な人気を博した。
 
  1953年には日比谷公会堂で連載500回を記念した「少年ケニヤ大会」が開催、1954年には映画『少年ケニヤ』が大映配給で公開、1961年にはNET(現:テレビ朝日系)でテレビ放映されるなどしている。
 
  eBookJapanで配信を開始したのは、1976年にサンケイ新聞出版局から刊行された、サンケイジュニアブックス版『少年ケニヤ』を底本にした全10巻と、1961年に『少年サンデー』(小学館)で連載された『漫画版 少年ケニヤ』(原作:山川惣治、作画: 石川球太)全8巻。価格は全て300円(税別)だ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R