忍者ブログ

コスプレ ハロウィン シンデレラをピックアップ

政治そのほか速

懐かしのSF大作が描いた未来は2015年「現実になっていた」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

懐かしのSF大作が描いた未来は2015年「現実になっていた」

 懐かしのSF大作が描いた未来は2015年「現実になっていた」

 子どもの頃、夢中になって観た名作たち……。「世界はこんなにも進歩するのか!」と心躍らせたが、多くの空想はもはやリアルに。心に残る名場面の実現度を、徹底チェック!
 
 
 2015年10月21日。まもなく訪れるこの日は、大ヒットしたハリウッド映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年公開)で、主人公のマーティーたちが未来にやってきた日だ。
 
 
 本作はタイムマシンに乗って過去と未来を行き来するSF映画で、夢中になって観た読者も多いことだろう。公開当時は衝撃的な世界観だったが、実は現在の2015年で、実現している技術が山ほどある。
 
 「この作品の未来で登場する液晶テレビは、現実の家庭に普及しているし、子どもたちが使用したメガネ型デバイスは、まるでグーグルグラスのよう。3Dホログラム広告も、3D映像やプロジェクションマッピングとして実現しています。極めつきはマーティーが老人に募金をお願いされるシーン。この老人が使用しているのは、iPadのようなタブレット型デバイスでした」(映画誌ライター)
 
 
 タイムマシンや空飛ぶ車こそ夢のまた夢だが、ロバート・ゼメキス監督の先見性には脱帽するしかない。
 
 
 現在よりも少し先の未来、2019年を描いた作品『ブレードランナー』(1982年公開)も、すぐに実現するかもしれない技術が描かれている。
 
 本作は反乱を始めたレプリンカントと呼ばれる人造人間と、彼らを処刑する捜査官ブレードランナーの戦いを描く作品である。
 
 レプリカントに使われている技術は記憶のインストール。彼らは人工的に記憶を植え付けられ、次第に感情を獲得していく。
 
 
 ポップカルチャーに詳しいライターの九龍ジョー氏が、この技術について語る。
 
 「米国防高等研究計画局が2014年、失った記憶を回復する技術として記憶回復デバイスを開発していると発表しました。脳に外傷を負った兵士やアルツハイマー病患者の脳に装置を埋め込むことで、記憶のインストールや復元が可能になると言われています」
 
 
 人の役に立つ、なんとも素晴らしい未来技術……と言いたいところだが、この技術は倫理的問題もある。
 
 「植え付けられた記憶が正しいかどうかとの疑念につながります。自分の思い出は、経験したと刷り込まれているだけではないか。とすれば自分はいったい何者なのか。そんな問題が生じるかもしれません」(前同)
 
 技術が悪用されれば、擬似的な記憶を植え付けられ、誰かにとって都合のいい自分になってしまうことも!?
 
 
 日本アニメの先駆けとも言える『鉄腕アトム』(1963年発表)は、2003年4月7日が誕生日とされ、続編の『ジェッターマルス』は2015年の世界だ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R